不倫や浮気調査の探偵依頼の比較ランキング!

浮気調査や不倫調査で感じたイヤなこととは?

莫大な費用が請求された!成果はどうしたの?

たった数日間の浮気調査なのに、こんなに請求されるの?しかも、証拠が得られなかったので調査終了ってどういうこと?

 

相談や見積もりだけだったけど請求書が届いた!

契約する前に相談をしただけなのに、後日30分の相談料金が請求されちゃった!依頼したらどれだけ請求されるんだろう…。

 

報告書が裁判の証拠にならないって却下された!

裁判で不倫の証拠として提出した探偵事務所の報告書が却下されちゃった。数万円をただムダにしただけで悔しいっ!

 

比較ページへのリンク画像!!


不倫や浮気など、配偶者の不貞は許されることではありません。また長く連れ添ったパートナーだけあって信頼関係を裏切ることはあってはならないことでもあります。でも、愛情が冷めてしまった、精神的苦痛を受けたなど相手に対して何らかのネガティブな気持ちを抱く場合は、離婚を申し出ることもあるでしょう。

でも、離婚を切り出す決め手に欠ける場合や、相手が離婚に応じない場合もあります。もちろん離婚は決まったけれど慰謝料請求や金銭面での利害関係、親権問題でこじれることもあります。そこでおすすめしたいのが信頼できる浮気調査会社への依頼です。調査だけでなく、離婚に至るまでのノウハウも伝授してもらえるのも嬉しいですね。不倫調査・浮気調査などは探偵依頼をすることが大切です。

 

探偵依頼と一口に言っても、入念な調査をしてくれないことや、信ぴょう性が問われるような調査結果を出す探偵事務所など、その実力はさまざまです。不倫調査・浮気調査を依頼したのにも関わらず、その結果をうやむやにされたまま調査完了と報告される場合だってあるんです。

大切なのは、信頼ができる興信所などに探偵依頼を行うことです。これって簡単なようで実はとても難しいことなんです。皆さんは、相手の不貞を疑った時に職業別電話帳をめくって一番初めに目についた探偵事務所にコンタクトを取りますか?それともインターネット検索を行って、片っぱしから興信所にコンタクトを取りますか?いずれも正解ですが、ちょっと方法としては乱暴かもしれません。

 

信頼できる探偵事務所に不倫調査・浮気調査を依頼しなければいけません。もちろん費用面でも比較的納得でき、真摯に対応してくれる場所を探す必要はあります。できればお近くにある探偵事務所だったら尚安心ですね。私もかつて不倫調査・浮気調査を依頼したことがあります。円満離婚とはいかなかったけれど、この調査を依頼しなければ泥沼化していました。

 

ここでは、あなたにとって安心して依頼できる探偵事務所をピックアップし、比較情報やランキング形式でご紹介いたします。悩みは必ず解決します!あきらめずに頑張りましょうね。

浮気・不倫調査を行う事務所を徹底比較しました

原一探偵事務所

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
原一探偵事務所の特徴
  • 探偵業法に基づいて明朗な業務を行う事務所です。国内最大数の調査員を誇り、迅速な調査が叶います。
  • 全国対応で遠方にする方との不貞を暴くことも得意としています。
  • もちろん調査後の弁護士の紹介など、アフターフォローも万全です。
  • TVの調査番組に協力実績あり。マスコミの信頼を受けています。
  • 全国に拠点あり。遠距離の不貞や逃避行にも対応可能です。
  • 見積もりは諸経費込で提示。安心の調査費用にて引受け可能です。
詳細レビューへ公式サイトへ

東京探偵社ALG

総合評価 評価4
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価4.5
東京探偵社ALGの特徴
  • 弁護士法人が代表を務める探偵事務所です。法律に基づいた調査ができるので、安全かつ安心の結果が得られます。
  • もちろん裁判などで証拠として提出できる報告書も作成してもらえます。
  • 対象者の素行や関係人の素性調査も万全です。
  • 弁護士が代表を務める探偵会社なので、安全です。
  • 見積りや相談はすべて無料。早朝深夜割増などの料金はありません。
  • 離婚・慰謝料請求に移行した時の弁護士への相談がスムーズです。
詳細レビューへ公式サイトへ

HAL探偵社

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価3
HAL探偵社の特徴
  • 全国出張無料の探偵社です。
  • 浮気解決診断シミュレーターをサイト内コンテンツに設けており、相談内容がうまくまとまらない方でも、自分自身の方向性を見いだすことができます。
  • 成功報酬制の後払いシステムだから、成果に納得できた時だけ支払えます。
  • 成功報酬制で、成果がなければ報酬ゼロでOKです。
  • 弁護士事務所や専門家との協力体制で調査後もサポート可能です。
  • 各地域で探偵業届出済みだから安心して依頼可能です。
詳細レビューへ公式サイトへ

アイヴィ・サービス

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価4
アイヴィ・サービスの特徴
  • 調査だけをメインとするのではなく、その先の解決に向けて行動する探偵会社です。
  • マスコミからの調査依頼も多く、全国最大規模のネットワークで対応しています。
  • もちろん調査報告後の真の解決へ向けてのアドバイスも受けられます。
  • ベテランの調査員や相談員がスピード調査を行います。
  • パッケージングプランで契約金以外の料金発生は一切ありません。
  • 全国に相談窓口を設置。全国どこからでも相談・依頼可能です。
詳細レビューへ公式サイトへ

本当に選ぶべき探偵事務所とは?3つのポイント

 

親身になって寄り添ってくれる相談員がいること

依頼者の立場では、大きな不安や怒りを抱えている場合がほとんど。相談員が傾聴し、気持ちの整理をしてくれると助かります。

 

裁判で有利な報告書を用意してもらえる!

証拠写真がない、時系列での行動がまとめられていない、これでは裁判で証拠になりません。第三者が納得できる報告書があれば、有利にことを運べるでしょう。

 

アフターフォローでさらに安心できること

浮気相手と別れてもらうにはどうしたらよい?離婚協議書を作成してきっちり別れたい!さまざまなアドバイスがもらえると希望が持てます。

 

本当に依頼するべき探偵事務所はここ!

不倫や浮気調査の探偵依頼の比較ランキング!のサムネ画像

パートナーの不貞を確定させたい、パートナーの相手を知り、そのうえで何らかの対抗措置を取りたいなど、夫婦間のターニングポイントに差し掛かることも出てきます。ただし、安易な気持ちで不倫調査や浮気調査を依頼すると、あなた自身が大きく傷ついてしまう可能性があります。まずは、覚悟を決めることが大切です。そしてさまざまな事実が分かってもすべてを受け入れることが求められます。厳しいことですが、これができなければ不倫調査や浮気調査を依頼してもその後の未来が開けませんよ。

そして、不倫調査や浮気調査を依頼した時には「ただ、事実を知りたい」という漠然としたきっかけだったとしても、調査結果によってはパートナーと対峙する必要があるでしょう。また「離婚」や「復縁」などお互いにとって良い方法を決める必要があります。その決定を後押ししてくれるのが興信所や探偵事務所です。

 

探偵依頼を行うと、相談・カウンセリングの時間が設けられます。対象者の状況や夫婦関係に関する踏み込んだ話を求められることもありますが、包み隠さず話しましょう。これによって調査の方針を決め、見積もりを行います。調査の内容や期間、金額に納得できたら契約を交わし、調査に着手します。探偵依頼を受けた後の調査期間は1~2週間程度。男性よりもアリバイ工作が上手な女性対象者に対する調査の方が長引く可能性があります。それに伴い費用も女性対象者の方が高くつく可能性があります。

 

ここまでの流れは、どのような不倫調査・浮気調査を行う探偵事務所でも同様です。ただし、冒頭でまとめた「浮気調査や不倫調査で感じたイヤなこととは?」という3つのネガティブポイントにあたってしまった方が多いことも事実です。複数の探偵依頼を受けてくれる事務所を比較して、より良い事務所探しをすることが大切となります。

信頼して探偵依頼ができる探偵事務所や興信所は実績もそうですが、親身になって依頼人の話を聞いてくれることが第一となるでしょう。また、調査の方法や期間などの概要を事前に説明し、料金なども見積もりとして提示してくれるところが安心です。

 

気になるのが「着手金」や「前受け金」に関することでしょう。事前に行動費用として見積もりの一部を支払うところもありますが「どのようなことに使われているのか」不透明な部分もあります。また費用に見合った報告がもらえない事もあるようです。料金に関するトラブルを避けるためには、「調査人数×時給×時間」で1日当たりの費用を換算し、そこから調査にかかる日数と分かりやすい料金体系を打ち出しているところに依頼することをおすすめします。他社との比較でもわかるように「1日当たりの調査費が安い」「短期間で答えを見いだしてくれる努力をしてくれている」「行動力がある」ということが分かることでしょう。

 

ただ、安いから良いという考えで探偵事務所を選ぶことだけは避けてください。調査費が安くとも、交通費や通信費などが請求され、調査費が安い事務所の方が高くついてしまったという結果になりかねません。費用に関する決まり事も必ずチェックしてくださいね。

また、カウンセリング時には報告書のサンプルも複数見せてもらいましょう。そして「状況がわかりやすいか」「時系列に沿って対象者の行動が把握できるか」「関係人の素性はわかるか」というような点に注意しながらチェックを進めていきます。報告書サンプルの提出の状態だけでも「探偵依頼ができる事務所か否か」を見分けることができます。

 

できれば、依頼できる事務所2~3軒をピックアップしメールや電話、訪問などで相談を行いながら比較検討することが良いのですが、探偵依頼先を探していることを対象者に知られては元も子もないので、できるだけ短期に決めることが大切です。ここでは実際に離婚経験がある私が探偵事務所選びに利用したいくつかの事務所をランキング形式でご紹介いたします。実績や費用面、フォローの面などを比較して、あなたにとって良い調査ができる事務所を見つけてくださいね。

 

 

冷静に調査を申し込めるよう相談員が依頼者の不安や怒りの感情を取り除いてから、話につなげてくれることも大事。寄り添って傾聴してくれるか、気持ちを受け止めてくれるかもチェックしてくださいね。
要点を紹介するキャラクター

 

全力で原一探偵事務所をおすすめする理由

予算に見合った調査計画を立ててくれます
相談員はメンタル心理カウンセラー資格保持者
プロの仕事で確実な調査結果を残します

いろいろな探偵会社を比較すると、魅力的なポイントを掲げている会社がたくさんあります。では、浮気調査や不倫調査を行う探偵の中でも、なぜ、原一探偵事務所をおすすめするのかと言えば、探偵依頼を引き受ける調査員や相談員が全員プロ集団であることに尽きます。アルバイトや単発業務ではなく、場数を踏んだ調査員が責任を持って探偵依頼を遂行します。そのため信ぴょう性が高く、裁判の証拠として十分に機能できる調査書作りが期待できます。

 

中には「探偵依頼の完全前払い制って不安」と考える方もいますが、裏を返せば「短期間で成果を上げる約束をしてくれている」ことになります。予算が少なく、短期間で浮気の現場を押さえなければいけない厳しい案件にも、これまでの不倫調査や浮気調査で蓄積したノウハウを駆使しながら、ピンポイントで取り組みますので、成果無しというような報告はほぼありません。

それに、相談員はメンタル心理カウンセラー資格を保持しており、依頼人の心にしっかりと寄り添ってくれるので、言いにくいこともしっかり引き出してくれますし、気持ちをくみ取ってくれます。それに、探偵依頼に対する調査結果が出た後も、2ヶ月間はその後の再出発に向けて相談に乗ってくれるサービスも充実しています。もちろん、離婚という結論に至った時でも弁護士を紹介してもらえますし、自分ひとりの力で離婚協議書を作成できるよう指南してくれます。

 

このように、浮気調査・不倫調査後のフォローも手厚いから安心して依頼できるのです。もちろん、他社比較をすればコスパがよい事務所も存在します。けれど諸経費などを別途請求する事務所も多いのが現状。こういった事実を踏まえて比較検討をすれば、おのずと原一探偵事務所の良さが見えてきますよ。

 

公式ページはこちら

 

クチコミ情報

原一探偵事務所で浮気調査委

最近主人の行動がとても怪しく、休日にも出掛ける事が多くなったので、思い切って浮気調査を依頼する事にしました。そこで口コミでも大変評価が高かった、原一探偵事務所を利用する事にしました。原一探偵事務所は1時間8000円でしっかり調査をしてくれるので、一般的な浮気調査と違い大変リーズナブルです。結構高額なイメージがありましたが、とても利用しやすく費用の面でもとても安心しました。見積りも無料で行ってくれるので、ある程度どのくらいの費用が掛かるのか簡単に知る事が出来ました。

 

また、最初に相談をしましたが相談料が無料なのですごく便利です。相談料が掛かるとなると敷居が高いイメージがありますが、原一探偵事務所はそれほど敷居が高くないので、初めて利用する人でもとても利用しやすかったです。また、24時間無料相談を行っており、匿名でも相談する事が出来るのも便利です。また、契約をした後、何か追加料金が発生する事態になった際は事前に報告をしてくれすごく安心して利用する事が出来ました。

 

また、浮気調査の結果の報告書を提出してくれるのですがとても丁寧に書いてうれすごく詳細が分かりやすかったです。色々細かな調査をしてくれたんだなと言う事が一目瞭然でした。これは万が一の際の裁判でも使用する事が出来るものと言う事だったのでしっかりと取っておきたいと思っています。また、原一探偵事務所の相談員はメンタル心理カウンセラー資格保持者を持っている方なのでとても話しやすく安心感があります。相談していてもこちらの気持ちをくみ取って頂き丁寧に対応して頂く事が出来ました。この原一探偵事務所を利用するまでは探偵はちょっと利用しずらくて敷居が高いので無理だろうなと思っていましたが、実際に利用してみるとスムーズに利用する事が出来、とても安心して最後まで依頼をする事が出来ました。

 

私の希望通りに導いてくれました

結婚して3年目に主人の行動が不審に感じたので浮気を疑い始めました。主人が入浴中に携帯電話をチェックしようとしましたが、今までにはしていなかったロックがかかっていたので確認することができずもやもやとした日々を過ごしていました。私が妊娠中でありこのまま見過ごすふりをして産後に元に戻ってくれるかとも考えましたが、このままにしておくのも胎教によくないので探偵事務所を利用することにしました。私が選んだのは自宅から少し離れている原一探偵事務所です。自宅に近い場所であると、私が事務所を利用していることが近所の人にバレるかもしれないと考えたからです。

 

原一探偵事務所は浮気調査?を専門に行なっているので、調査もスムーズにしてくれるだろうと考えていました。また相談は無料で行うことができたので、料金を気にせずに訪れることができました。探偵事務所の浮気調査?はとても高いというイメージがあったのですが、1時間6000円と言う価格でそこから上乗せして費用を取られることがないということだったので安心して利用を決めました。もしも追加料金が発生しても後々の報告ではなく、事前に伝えてくれるので自分で支払える範囲内で浮気調査?をしてもらいました。調査が始まりすぐに主人が若い女性と交際している証拠を見せてもらうことができました。時間をかけずにすぐに分かり、その分調査費用安く済んだので助かっています。

 

原一探偵事務所は主人の浮気が確定したときにも、私の心情を思いやり対応してくれました。怒りや悔しさで感情が爆発しそうでしたが、どんな状況でも丁寧に対応してくださり冷静に判断することができたと実感しました。浮気調査で浮気が確定して終了ではなく、その後の離婚への進め方までもサポートしてもらうことができました。もちろん慰謝料もしっかり請求しようと考えていましたが、自分ではうまく対応できないようなことでも私に代わって請求をしてくださいました。信頼できるスタッフに支えられて、スムーズに離婚や慰謝料請求ができたのでとても感謝しています。

 

自分でなく、職場の同僚のことなんですが、奥さんが浮気していて、不倫相手に裁判を起こしたいと言っているのです。気持ちは分かりますが裁判となると相応の費用もかかるでしょうし、不倫の動かぬ証拠をおさえて相手には慰謝料を要求し、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言っておきました。資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、相応の能力や習熟が必要でしょう。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあるみたいですから、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。金銭という対価に合った仕事ができる探偵が担当すること。それが、成果につながるのは言うまでもありません。不倫相手の奥さんがきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくることは充分考えられます。一般的に慰謝料というと、あちらが離婚しないか、したかによって当然ながら差があります。離婚「しそうになった」からといって非常に多くの慰謝料の請求があったら、すぐ返事をせず、弁護士に相談するほうが良いでしょう。もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、誰だって頭の中が混乱するものです。ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。そもそも不倫は、道義上許されない行為です。精神面ではわだかまりが残るとは思いますが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。念願だったパートの仕事。子供が10歳になったのを機に始めたのですが、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、お付き合いを始めました。まあ、不倫ですよね。長らく子供と家庭だけを軸に、まったり主婦ライフを送っていたため、挙動があやしいと、主人はすぐ気づいたようで、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚するということになってしまいました。探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、会社の規模によるところも大きいです。広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。著名な探偵社は相談員や調査員の教育やステップアップにも意欲的で、当然ながら調査面にも反映されているように思えます。主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、これは浮気しているなと思いました。知り合いかそうでないのか確かめようと、携帯の履歴を見ようとしたのですが、こともあろうにしっかりロックされていて、手も足も出ませんでした。かくなる上は探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、主婦の財布には痛い出費です。実家に話して借りるかと思いつつ、ためらっているところです。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは困難でしょう。ただ、証拠というのは重要です。もしあれば、離婚してもしなくても、有利な展開に持ち込むことができます。ですから、不倫をしているなと思ったら、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、体の関係があると思われるような写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。浮気の気配を感じたら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、無料で相談してみると安心で良いでしょう。浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、見聞きもしたことのない業者に極めてプライベートな調査を依頼するのは、やはり無理があります。そうした心配を解消するために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。明らかな浮気の裏付けがとれない限り、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦しいかもしれません。つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否するということも、起こりうるからなんですね。ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことを防ぐために、信頼できる調査結果を入手することをおすすめします。行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、その裏付けをとる必要があります。その際、証拠となるものは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。個人が不倫の尾行をしたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を手に入れるなんて行為は、危険も伴いますし、代わりに探偵社に依頼することも考えておくと良さそうです。夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、家族会議の結果、離婚ということで合意しました。これから女手一つで、この子たちを育てていくわけです。感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、公正証書という形で残しました。普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。浮気調査をしてもらおうと決めたところで、「ここがいい」なんてアテがないのが一般的なのではないでしょうか。業者は公安委員会に届けを出す必要があり、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、届出をした正規事業者であるかはこの番号で分かるというものです。だからこそ、そこのサイトや営業所、広告、チラシに認可番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。どのへんまでを浮気というのかは、人それぞれというほかないでしょう。異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、身体的な接触が少しでもあれば浮気と感じる人もいます。法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで精神的にはどうであれ不貞となるのですが、どちらにせよ、いかにも浮気ととられかねない行動は、しないほうが良いです。探偵に浮気調査を依頼する場合、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかを明確にしておくのが必要不可欠です。別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。依頼している(期待している)内容によって、調査期間や手法が異なるので、あらかじめ明確にしておきましょう。最近は探偵も興信所もその差は名前だけです。両方とも探偵業務と報告を行うことは違いがありません。ですから、不倫の調査をしてもらう分には、区別して考えることはないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。もっともジャンルごとの得手、不得手は、事業者ごとに特徴があるため、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。探偵社による浮気の追跡調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んで一見するとオトクに感じますが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査期間が長引くことが予想される際はお断りというパターンもあるようです。さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は思ってもみなかった額を請求されるケースがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという根絶しがたい面を持っています。ひそかに不倫しているところを見られて、しばらく自粛状態が続くのですが、またしても我慢できなくて浮気する可能性だってないわけではありません。不審な行動に気づいたら、調査を探偵社に依頼して、不倫の証拠をおさえて、お灸をすえてやりましょう。パートナーの浮気や素行調査を探偵に頼むときは、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが調査しやすく費用も抑えられます。なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、一から浮気の証拠を得るのですから時間も費用もかかってしまいます。一緒にいれば判ることもありますし、何気ない風を装いながら判ったことを記録していくと今後の大きな助けになるでしょう。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、歴然とした法律上の違いが存在するんですよ。個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、探偵業法の規定通りに、公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。こうした手続きを踏んで、専業で調査業務を行う探偵社だからこそ、安心して任せられるのではないでしょうか。探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に依頼するようにしましょう。ローカルに強い探偵なら、深い調査ができ、高精度な報告ができるでしょう。調査内容いかんでは不得意なこともありますし、逆もまたあります。公式サイトや代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。問い合わせは複数の会社に行い、一番感じが良かった探偵会社に依頼しました。覚悟していたとはいえ、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはさすがに落ち込みました。浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。不倫していた相手が明らかになってから3年、また、不倫行為があってから20年が期限となっています。仮に時効直前でも裁判を起こすことで、時効はなくなります。不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。時間がなければ裁判を起こす手を使うほうがいいでしょう。配偶者が浮気する理由として多いのは、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったというものです。恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが結果的に浮気という形で出てくるのです。そんなことにならないよう、お互いの話に耳を傾け、何を我慢して何を求めているのか、問題点を話してみて、認識するのが必要ではないでしょうか。一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、相手と近い関係であるほど調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。興信所の調査員に依頼すると、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。不倫がわかり、裁判所に離婚の申し立てを行う際は、浮気していたという証拠がなければいけません。一例を挙げると、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として認められることが増えました。不倫していたことが問題になって当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、家裁での調停に持ち込まれることもしばしばあります。とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて裁判所内で協議が行われるため、夫婦やその関係者だけで話し合うより解決に向けて進展しやすいという良さがあります。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのが普通です。代金に見合った仕事をしてもらうためには、いくつかのところを比べてみるのが大事だと思います。調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは理解しておきたいですね。不当な高値請求の業者を避けるための自衛策でもあります。気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。浮気は婚姻の有無を問いませんが、不倫というのは配偶者がいるのに性的関係を持つことをいいます。配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料の支払いを求めることができます。探偵を頼んで配偶者の浮気の証拠をおさえ、慰謝料請求を送りつけることで現実を見せ、きっぱりと別れさせることにも役立ちます。浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。そのような方の心理カウンセリングを行う機関があります。プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。信頼していた相手に裏切られたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、自分の人生なのにポジティブになれないような人も少なくないです。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。
どの業界でもそうですが、探偵でも詐欺のようなタチの悪い会社があるので、依頼するなら事前に情報を集め、信頼ベースで選んだほうが良いですね。ごく普通の素行調査(浮気等)でも、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、よくよく確認した上で契約するようにしましょう。配偶者に浮気の疑いがあるのなら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するというのもありだと思います。家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、今まで利用したこともない業者に個人情報を伝えて調査してもらうのは、やはり無理があります。安心のために探偵を雇うのですから、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。会社概要等は、電車や雑誌の広告などでも見られます。話の整理がつかなくても質問に答えていけば、ケースごとの概算で見積りを出してもらえます。相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、落ち着いて検討してみることも大切です。探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。でも、そう難しく感じる必要は実際のところ、ないと思います。不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、浮気の証拠があれば何にしても有利であることは間違いありません。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵調査を頼む価値はあるでしょう。「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きは人それぞれというほかないでしょう。たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、身体的な接触が少しでもあれば浮気と言う人も、いないわけではないです。実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞行為になるものの、結婚生活に波風を立てないためには、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは、しないほうが良いです。公務員の夫は29歳。私も29歳。7歳の男の子と5歳の娘がいます。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。しかし先週、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚ということで合意しました。これから女手一つで、この子たちを育てていくわけです。感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士の方にお願いし、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、公正証書という形で残しました。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。事務所に相談に行った際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは要注意です。相談後、再三にわたり電話をかけてくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。誠実な探偵業者はまず行わないようなことでも平気でしてくるのです。もし不倫をしているなら、相手の妻が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくることは充分考えられます。一般的に慰謝料というと、あちらが離婚しないか、したかによって変わってくるものです。その時点で離婚していないのに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしましょう。配偶者の不倫を疑い、探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、時々見かけます。話に出てくる探偵というのは単純で、自分でもできるような気がしてしまいますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは簡単な仕事ではありません。調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。配偶者や職場に浮気がバレた挙句、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、高額な慰謝料を要求される場合も当然あるでしょう。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚するといったケースもあります。いずれにせよ、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんて金輪際ありえないのです。興信所と探偵。実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容もほぼ同一です。離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、第三者にも浮気が分かるような証拠がどうしても必要です。自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際に効果を発揮します。最新技術の普及により、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSで発見できるようになったのは有難いことです。スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に持ってもらうことで、今いる場所を特定できてしまうのです。非合法な方法ではありませんし、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSが役立つかもしれません。私ではなく職場の同僚の話です。ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言っているのです。ただ、裁判となれば裁判費用が要ると聞いたことがあります。ちゃんと浮気の証拠を押さえて浮気の慰謝料を要求した上、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと助言しておきました。テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、探偵を頼むときは、探偵会社に依頼するのがもっとも確実です。代金に見合った仕事をしてもらうためには、何社かを比較してみることが大事だと思います。とりあえず料金体系や業界相場あたりは知っておきたいものです。不当な高値請求の業者を避けるための自衛策でもあります。ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域周辺に限って、ウェブで検索してみると良いでしょう。クチコミなども参考にして選んだら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみると良いでしょう。とにかく話を聞いてみなければ、信頼できる探偵社かどうかわからないですからね。探偵を使い慣れている人はいないでしょう。いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、「ここがいい」なんてアテがないのが一般的なのではないでしょうか。業者は公安委員会に届けを出す必要があり、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、届出をした正規事業者であるかはこの番号で分かるというものです。大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。証拠がなければ調査料金の請求もなくて、得だと思う人もいるかもしれません。しかし、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースでは断るときもあるそうです。それに、浮気の裏付けがとれたときに「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。興信所や探偵に調査を依頼するなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることは欠かせません。無視できないような悪い評判のある会社では、見積り時の説明が不十分だったり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。利用者評価の高い探偵業者であれば、法外な代金をとられることはありませんし、もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、興信所や探偵社ごとに変わってきます。安易に一社に絞り込まず、あらかじめ複数の業者に見積りしてもらうのをおすすめします。それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査時間の短縮になる上、調査費用として払うお金も少なくて済みます。「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不貞行為には違いないのですから、その対価はおそらく高くつくでしょう。パートナーがどういう態度をとってくるかによっても違いますよね。ただ、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。不倫はバレたら最後。金銭的にも社会的にも代償を支払い、償っていかなければいけません。ふつうの金銭感覚でいうと、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、けして安いものではありません。ただ、安さで依頼したところで浮気してるかどうか「わからなかったです」では、時間とお金の無駄遣いですよね。結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。しかし、高値設定のところほど、調査能力が高いかというと、それは素人目には判断がつきかねます。想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、浮気の追跡調査です。そんな仕事を例に、プロの仕事を具体的に説明しますね。一番多い手法としては、事前にクライアントから話を聞き、ターゲットの尾行をします。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、相手の浮気の証拠を抑えるのです。ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、新しい人と再スタートなんていうのは、あからさまに現実逃避が過ぎると世間一般では思うでしょう。妻か夫のどちらかに原因があるとしても、浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。ましてや子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。冷静になって悔やんでも始まりません。浮気調査で探偵社を使うときは、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが費用を抑制できます。探偵に丸投げするのは簡単ですが、浮気の確証を得るまでに余計にムダな時間を要するのです。生活を共にしていればわかることだって多々あるでしょうし、よく観察して記録できるところは記録しておくと今後の大きな助けになるでしょう。パートナーが不倫していることに気づいたら、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、感情的な理由が根本にあるためか、しばしば泥沼化してしまいます。ことによると裁判に発展する可能性もあるので、そうなる前に弁護士にお願いして、トラブルにならないよう交渉してもらう方が良いかもしれません。最近は探偵も興信所もその差はこれといってないと思って良いでしょう。双方とも探偵の業務を行うという点では違いがありません。つまり浮気調査でしたら、どちらに頼んでも問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。ただ、ある程度、得意不得意なども調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、事前に調べたり質問しておくことが大切です。探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては怖いという方もいらっしゃるでしょう。話を聞いてもらうときに本名を名乗るのが不安なら、名前を明かさずに相談できる探偵業者も最近は増えましたから、そういったシステムを利用し、手応えが良い感じであれば、個人情報を明かすという方法もあります。探偵業者に調査を依頼する場合、一般的な調査費用の相場というものを調べておかないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。1時間1万円からと想定していると間違いありません。たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、依頼者の費用負担は増加するため、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、会社の大きさによる違いも無視できません。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時世に沿った体制づくりを模索しています。大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、相談員や調査員の教育にも積極的でそれは仕事の成果にも反映されているように思えます。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って第三者(依頼主)に報告する調査業自体、非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。平成19年に探偵業法が施行されるまでは、探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といった問題を防止するべく策定され、現在に至ります。

 

公式ページはこちら